知ってる?沖縄の青の洞窟

日本で美しい海、温かいところといえば、沖縄ですよね。

沖縄といえば、日本の都道府県の中でもぜひ行ってみたいという観光スポットがたくさんあります。

沖縄といえば、美しい青の海に囲まれた県です。

日本には海で遊べる県は他にもたくさんありますが、やはり沖縄の海はだんとつに美しく、そして海の中に広がる世界はまた一段と色鮮やかな魅力がいっぱいです。

沖縄ではそんな素敵な海でたくさんのマリンスポーツを楽しむことができ、ダイビングを楽しむ人はそのために沖縄に定期的に旅行に行っているという人もいるくらいです。

沖縄の海を楽しむスポットの一つに青の洞窟というところがあります。

洞窟といえば、暗くひっそりしているというイメージがあると思いますが、青の洞窟はその名の通り、中が青くなっているのです。

青の洞窟はどこにあるのかといえば、恩納村眞栄田岬近くで、空港からも一時間半程度でいけるところにあります。

では、この洞窟の中の何が青く見えるのでしょうか?洞窟の中に注ぎ込む太陽光は海の底まで到達し、海底で反射して海の中を照らすからなのです。

沖縄の海の青さが洞窟の中できらきらと光るということなのです。

よって、人工的な色ではなく、自然の洞窟と太陽が作り出す神秘的な景色であります。

この様な青の洞窟は沖縄の他にも海外で幾つか見られるようですが、沖縄であれば国内旅行ということもあってSEPマリンクラブ等のショップでのサービスも利用しやすく、青の洞窟をぜひ一度見てみたいという人にとっては、手軽に行きやすいスポットといえるでしょう。

Comments are closed.